外壁の塗り替え

家の近所で、2ヶ月程前に外壁の塗り替えをしていました。まだそんなに汚れていないように感じていましたが、出来上がってみると1階と2階の色を変えていい感じになっていました。

我が家もそろそろ外壁を塗り替える時期にきているかなと思い、外壁の塗装について調べてみることにしました。

そうしたら、ネットで参考になるサイトがありました。<外壁塗装屋根塗装相場

外壁塗装は、素人には分かりづらい部分があるため、トラブルが多いようです。初めて工事を行う人が多く、相場とかもあまり分からないので、手抜き工事とかをされても気が付かなかったりするようです。

そういえば、外壁塗装ってそんなに何回もするものでもないですし、知識も相場もよく分からない人がほとんどだと思います。

かといっても外壁塗装は、安いものではないですし、そう簡単にやり直しがきくものではないので、しっかりと考えて慎重にやらなければいけないものだと思いました。

やはり、それには少しは塗装についての知識をもつ事と業者を慎重に選ぶことではないかと思いました。

知り合いで、信頼できる業者の方を知っている人は、いいと思いますが、そうでない場合は無料一括見積もりを利用するのもひとつの方法だと思いました。

相見積もりをとって、複数の業者を比べた方がいい業者を選ぶことができるし、自分も納得できるのではないかと思いました。

いずれにしても業者を選ぶ時は、即決せずに慎重に選ぶ事が大事だと思いました。

 

リフォームについて

我が家も20年以上経ちました。先月おとなりの家がリフォームをしていたので、我が家もそろそろリフォームをする時期かなと思いました。

リフォームと言ってもどこからやったらいいのか、どこに頼んだらいいのか等わからない事がたくさんあります。

やっぱり、リフォームをやるなら失敗はしたくないので、ちょっと調べることにしました。ネットを見ていましたら、こちらのサイトを見つけました。<リフォームタイミング

リフォームといっても水回り(キッチン、浴室、トイレ、洗面)、リビングや玄関、外装などいろいろな場所があります。そして、リフォームにも改修工事、改装工事、増改築工事などがあります。

それなので、どの工事をどの場所でやるのかをしっかりと決め、どういうふうにしたいかのイメージをはっきりとさせる事が大事だと思いました。

そして、どのリフォーム会社にお願いするかも大切な事です。会社によって、リフォーム場所別に得意不得意があったりする場合もあるらしいので、よく調べる事が大事だと思いました。

やはり、リフォーム会社を決める時には、いろいろ詳しい人に聞いたり、ネットで調べたりして情報や知識を得て、見積もりは複数の会社にお願いして慎重に決めるのがいいと思いました。

リフォームの失敗は、リフォーム会社とのコミュニケーション不足が多いとの事ですので、信頼できる会社を選んで、自分のリフォームしたイメージをしっかりと伝える事が満足のいくリフォームにつながるのではないかと思いました。

チャットでお部屋探し

先日、雑誌で「チャットでお部屋探し」というのを見ました。あとでちょっと気になったので、ネットで調べてみました。

そうしたら、<お部屋探し一人暮らし>というサイトを見つけました。

こちらのサイトでは、「イエプラ」というチャットでやりとりできる不動産屋さんを紹介していました。

希望の条件等を入力すると後は待っているだけで、不動産のプロが理想のお部屋を紹介してくれるそうです。

コンシェルジェと呼ばれる人が、理想のぴったりのお部屋を紹介してくれるということです。コンシェルジェに女性を選ぶこともできるので、女性の方も安心だと思いました。

理想の部屋が見つかれば、内見の設定までお手伝いしてくれるそうです。

深夜0時まで対応しているようなので、夜遅くまで働いている人でもこれなら利用できそうです。

また、仕事が忙しくて、営業時間中に不動産屋さんに行けない人も利用できると思います。

自分で、お部屋を検索するのが大変な人でも希望の条件を伝えるだけなので、かなり便利になったなと思いました。

レスポンスが早く、時には未公開物件に出会えることもあるようです。

昔は、お部屋探しというと地元の不動産屋さんに行ってお部屋を紹介してもらうか、雑誌でチェックしてお部屋を見に行くかだったと思います。

ずい分とお部屋の探し方も変わったなと思いました。これからは、こういうやり方が広がっていくのかもしれないと思いました。

 

空き家をどうしたらいい

最近、ニュースでも空き家の問題をちょくちょく耳にします。私も親から相続した家を貸していたのですが、その人が出ていかれてからは空き家になっています。

もう家が古くて、とても新しく人が入居することは無理だと思っています。放置しておくと木は茂りますし、瓦とかも落ちてこないか心配です。

それに猫とかが住みついたり、いろいろと用心が悪いので、ご近所にも迷惑をかけないかも心配です。

私の家と離れているので、そんなに見に行く事もできませんので、どうするのが一番いいか悩んでいます。

それで、先日ネットを見ていましたら、ちょっと参考になるサイトがありました。<空き家どうすればいい

このサイトを見て、まずその土地が何に適しているかを考えることだと思いました。駅に近いのか、繁華街にあるのか、田舎にあるのかによって何に向いているか変わってくると思います。それと土地の大きさや形によっても変わってくると思います。

住宅に向いているのか、店舗に向いているのか、駐車場に向いているのか等いろいろあると思いますが、その方向性をまず決めるのがいいのではないかと思いました。

もちろん金銭的にどうかも考えないといけません。なので、専門家に相談しながらその土地に向いている方向性を決めていくのが一番いいのではないかと思いました。

 

ファイナンシャルプランナー

我が家は、子供が4人いるのですが、生命保険や医療保険などの保険料もなかなかバカになりません。

保険は必要なものだと思っているので、何かいい節約の仕方はないものかと思っています。

今お世話になっている保険の担当の方に相談するのもいいのですが、生命保険会社の外交員の場合、どうしてもそこの保険会社の商品をすすめられることになるので、どうしようかなと思う時があります。

いろいろな保険会社の商品の中から選ぶことは出来ないのかなと時々思っていました。それで、ネットを見ていた時、参考になるサイト<生命保険見直し相談.net>を見つけました。

こちらのサイトでは、生命保険の相談ができるファイナンシャルプランナーを紹介してくれるサイトを紹介していました。

特定の金融機関に属していないファイナンシャルプランナーなら複数の保険会社の商品の中から最適な保険を提案してくれるようです。

それにファイナンシャルプランナーは、金融全般(保険、相続、税金、投資など)に幅広い知識のあるお金のプロなので、ライフプランを考えた上で、保険の提案をすることもできます。

今度、保険を見直そうと思った時には一度利用してみるのもいいかなと思っています。

 

 

ウォーターサーバー

いつも行っているかかりつけのお医者さんにウォーターサーバーが置いてあります。その他にも携帯電話のshopにも置いてありました。このごろちょくちょくウォーターサーバーの置いてあるお店を見かけます。

人間にとって、水は大事なので、体の為には置くといいのだろうなと思いつつも、設置するのにお金がかかるのだろうなとか思ってしまいます。

ちょっと気になったので、調べているとネットで参考になるサイト<ウォーターサーバーどれがいい>がありました。

水道水で問題なのが残留塩素で、水道水の消毒には必要なのですが、人体には悪影響を及ぼすようです。

水は、毎日使うものなので、少しずつでも積み重なると影響がでてくる程になる可能性があります。それで、水道水の代わるものとして、ペットポトルの水、ウォーターサーバー、浄水器があります。

水を使う量が少ない場合は、ペットボトルの水でもいいかもしれません。でも、家族が多いとか水を使う量が多いと金額的にも割高になってしまいますし、重い水を何回も買い出しに行かなければいけなくなると思います。

そういう場合は、ウォーターサーバーの方が適していると思います。それに調べてみると節電機能をもったサーバーや配送もワンウエイ方式にしたりと各社がいろいろ工夫しているようです。

また、金銭的にもサーバーレンタル料を無料にしたりして、思っていたより経済的負担は大きくないように感じました。

浄水器となると本格的なので、とりあえずウォーターサーバーを検討してみようかなと思っています。

家計と自動車保険

子供が大学に行くようになり、学費や下宿代などなにかとお金がかるようになったので、生活費について見直さないといけないかなと思いました。

何か切りつめる事ができるものはないかといろいろと支出するものを書き出してみました。

努力して少しは節約できそうなのは、食費や電気代、電話代かなと思いました。あと税金や保険は日々努力するものでもないしと思っていましたが、保険は、日々努力するものではないけれど時々見直すことによって少しは効果があるのかと思い、調べてみようと思いました。

ネットで調べていましたら、気になるサイト<自動車保険節約.jp.net>がありました。

自動車保険も見直すと結構安くなる可能性があるようです。まず、補償内容が実際に合っているかどうかをあらためて見てみる必要があると思いました。

運転者の年齢条件などあてはまる条件が変わっているかもしれませんし、必要性が低い補償を特に疑問も持たずにずーと持っているかもしれません。また、補償内容が他の保険と重複しやすい特約もあるようです。

その他にもいろいろな割引制度を利用でれば、更に安くなるかもしれません。

そして、同じ条件でも保険会社によって保険料が変わってくるので、複数の保険会社を比較することも大事だと思いました。

思っていたより自動車保険を見直すと効果がありそうなので、今度は生命保険についても調べてみようかなと思っています。